プロフィール

武田左京大夫

Author:武田左京大夫
本業とは異なる
趣味のアレコレ。
基本的に個人さまの依頼・
無資格/無認可の
業者さまの依頼は
御受けしておりませんので
一見でマネるのも
自己責任で御願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

だが断る
趣味だったり練習だったり仕事だったりw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAXA一般公開日(2)
前回の最後にイラっときた方々は多分見に来ないお (^・x・^)

2ヶ月も経ってるのにコレかい! って思った方々は

来年は是非とも

御自分で足を運んでみるのが得策。


1日だと駆け足で廻らないと全部は見れないお。

というワケで(?)続き~

本当なら企画された順路があるんだけれど
混んでてアベコベに周るコトにw


回路だけでなくて計測室も規模がデカイ風洞全体模型
JAXA-亜音速回路風洞全体模型
押し込み式だよね。

計測室自体は4畳半一間に納まるほどだけれど
(有効計測部が8000mm立方)
コレが交換ユニット式になってて
複数の実験が最短運転時間で出来るという超合理発想が
昭和35年に実現してるニッポン凄ぇ。
この時代にマッハの実験って民間開発用じゃないかもだがが
カラーアイデンテティがライムグリーンになるのはズット後(違
JAXA-超音速風洞測定胴銘板002

んで、実験ユニット内部はコンナン
主計測部はノウハウの塊なんだけど
普通に全面公開の太っ腹。
JAXA-超音速風洞測定胴内HSST004

うっはーコレどこで売ってr
JAXA-超音速風洞測定胴内HSST006

常に最大速で運転するわけじゃないんでコンナンもある。
エンヴェロープスペック厨涙目w
JAXA-DC8模型001
コレってばなんと翼がうわ、なにをすrやめくぁwせdrftgyふじこlp


んで、サラに高気速実験可能な超音速風洞は
当然計測部を絞り込んでて1000mm立方ほどの小ささに
見学者が殺到してて内部画像は無し。
押し込みなんで高気圧高温になる気体冷却もオフィスビルサイズで
屋外に銘板が。
JAXA-超音速風洞気体冷却機銘板


中国で見た風洞は解放式のヤツだと
ターボプロップエンジンをコンプレサーにしてたのを思い出して
地下で騒音遮蔽してる実験棟にw
JAXA-エンジン運転室内部排気管

住宅街が近所に涌いてキタんで
気を使ってるのは確かだけれど
コレを全開で振ん廻してるトコロを見てみたい。
JAXA-エンジン運転室ハンガー

中華エンジンに附いてた謎の物体( http://bit.ly/c8aIEA )が
サイレンサーだと知った瞬間なのさ
(ウソです帰国後に兄様に教えてもらいますた)
JAXA-エンジン運転室サイレンサー

外部排気もビル一本分位を消音・消毒施設に使って
相当に気を遣ってますお
JAXA-エンジン運転室外部排気管

エンジン試験室の工作机に職人の仕事場を見る。
(ネタでなく)
JAXA-エンジン運転室作業台001



次に見た対極的なスーパーコンピューターの基盤展示に兄様釘附けだけれど
オイラはサパーリ興味が無くて(当然画像も無し)
JAXA-裸眼3Dモニタ003
裸眼3Dモニタの実演展示を見て???と

ヘリコプタ特有のバタバタ音の発生理由が
回転翼端で発生する衝撃波干渉だというのが
始めて視覚的に理解出来て福眼。

JAXAといえば宇宙分野が花形だと思ってる方々、

大気圏内有翼機とか

エンジンだって大切だよ。


喰えもしない高級フレンチフルコースや見るだけの銀座のデパートより
近所のラーメン屋スーパーのほうが大切でしょ(キリッ

まぁ折半してラムジェットというかスペースプレーンのラジコン実験機
機体下面のエンジンは模型用ジェットエンジンだけれど残念ながらラムジェットじゃない(当然
引き込み脚を是非ともオイラに発注して下さいマシマシ(揉み手で
JAXA-極超音速機模型001
GEKKO STATEとか描いてないお(ぉ

スペースプレーン自体もHSST同様イロイロ云われているけれど
SF/マンガ/アニメじゃないんで着実で確実な基礎実験があっての
次世代航空機でしょ。
イスカンダル人からの突然のオーバーテクノロジー供与とかない限り
地道に開発するのが地球人類の路だお。

とうわけでコレだって風洞実験するんだお
JAXA-極超音速機模型003

実験目的ごとにイロイロな模型があるお
大きさ比較で愛呑の わかば を置かせてもらったお
JAXA-極超音速機模型002




そして次回、
いよいよ宙へ。本当の次世代へ。
スポンサーサイト

テーマ:乗り物づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zasch06.blog101.fc2.com/tb.php/36-3312baf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。