プロフィール

武田左京大夫

Author:武田左京大夫
本業とは異なる
趣味のアレコレ。
基本的に個人さまの依頼・
無資格/無認可の
業者さまの依頼は
御受けしておりませんので
一見でマネるのも
自己責任で御願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

だが断る
趣味だったり練習だったり仕事だったりw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京の迷い方(16)
というワケで出張で行った北京の
個人的感想。

今回は画像も無いんで飛ばしてイイ内容。

チョット楽しかったのは最初の4~5日位で
文化・習慣の違いに戸惑いつつ
結構早く限界がキタのね。

ただし、コチラは来訪者であって
彼等にとっては常識・日常なので
適応能力の問題なのは明白。


ニッポンの格差社会とかの甘い構造でグダグダ云ってられないほどの
絶望的な格差構造がハッキリとしていて
経済的に貧しい人々は
経済的に豊かな人々とは違うイキモノという感じの
混沌とした世界で
御互いがアル程度の認識はしつつも
社会として円滑に機能している不思議な世界。

近年、中国バブルの崩壊説が至るトコロで展開されているけれど
現地で直接感じる状況では
ソンナ経済崩壊とかココ10~15年は無いと確信出来る。
ニッポンとかアイスランドでのバブル経済醸成とは
根本的に構造が違うんだね。

貧しい人々も多少の恩恵に与れるけれど
ソレを元に富裕層は更にウハウハという
世界最大のネズミ講構造が完成されていて
底辺の大きさが寿命を決めるんで、
コレはそう簡単に破綻なんかしない。
サラに上手い延命策も講じてあって
底辺への配当をコントロールすることで
生かさず殺さずの状況を演出する体制も出来上がっている。

底辺の人々も沢山見たけれど
ソンナ状況でもシヤワセそうで
決して富裕層に対して僻んだりしていないのが
とても印象的。

オリンピックを境に
北京市内での売春が排除されたとの報道もあるけれど
実際には夜になれば恐ろしい程の商売っぷりで
街頭には御手製の シール が沢山貼ってある程度にしか見えないけれど
飲み屋・カラオケ屋では公然と御案内附き。
渡航前に忠告されたのは
非常に高い確率で病気を貰うんで
高級店と名乗ってるトコロもヤメとけとのコトと
忙しかったんで余所見しているヒマが無かった所存。

んじゃぁ機会があったら遊んでたかと云えば
そんなコトも無くて
街中にシール貼ってるのが
一目で分る底辺環境の痩せた子供。
氷点下気温にも関らずボロの薄着で
ワケも解らず遊び感覚でイタル処にペタペタ貼りまくってて
シール辿って行けば店に辿り着けるほどの無邪気っぷり。
ソレは小遣い稼ぎでないコトくらいは分るんで
コチラから観れば カワイソス カワイソス になってしまうんだね。
呼び止めてポケットの御菓子などあげてみれば
ナニか言いながら一生懸命手を引いて
御案内しようとするのもカワイソス…。
けれど
附いて行かないのは当然のリスクマネージメントだよ。

同じ黄砂まみれの街中で
常にピカピカに洗車された高級外車が整然と駐車している
会員制高級レストランとか普通に存在する。

召喚されてた会社でも
現地スタッフは12時間労働・土日返上とか普通で
年 収 で 30~40万円相当だけれど
ソレに不満があるスタッフが居ないのも印象的。

生産される製品の物理的な品質は
加工機の進化でドンドン上がってるのは明白なんで
人件費がコストの最大要因である以上
そんなトコロと戦うコト自体が無理。


現地の通訳を務めてもらった女性が
駐在中に妊娠が判ったんで訊いてみれば
一人っ子政策なんで家族意外にもトテモ大切にされると。
猫飼いですら猫兄弟相当の
家族の大切さ偉大さを痛感しているのに
政府策で家族人数規制とかアリエナイ。
けれど
専門職の通訳スキルがあるんで
2子以降の子供が欲しければ
海外脱出と簡単に言うのも異常な印象。

意外や簡単に国を捨てるんだ…
って、天安門事件とかでも明白だけれど
あの構造の国家が変わるワケもないのを
自国民も認識してるんだね。


イロイロ社会として歪んで見えるけれど
現地の人々には普通のコトらしい。

最初は衛生面だの慣習だのの戸惑いが中心だったけれど
ソレを形成する根本が違うのに気が附いて
ソノ社会に馴染めない時点で
帰れる場所がある異邦人はソコには居られないもんだね。


観光で表面撫でるなら一度は体験してみては如何かと。




あとチョット。

自動車関連業種とはサヨナラしたけれど、
今回はチョット興味があって
現地を体験してみたい欲が出ての出張で
オートバイの次世代として電動モペッドを見て来たんだね。


イマダに一般的見識だと

「電動とか(ry 性能低杉で(ry」

という意見に非常に大きな疑問があったんで
原始的でも世界最大の普及率の現地を
自分の目で見て体験して評価しようかと。


結論から云えば、

電動機をナメてるヤツとかどんだけ情弱だよ(ry


実用上で何の問題も無く
20万台位以上が普通に存在していて
しかも車体価格も運用コストもガソリン車を軽く凌駕する安さ。

あまり多くは公開されなくとも
近年の国産オートバイ業界の新車ラインナップの状況は緊急避難的措置で
次世代に向けての挑戦中なのだね。
ヤリ方に疑問はあるけれど
時代は確実に電動オートバイに向かって進んでいると断言出来る。

ヨク見る電動オートバイ否定的意見で
最先端のガソリンe/gの コレマタ最上級クラスと比較したがるけれど
ソンナヤツに限って
一度としてソノ限界性能で振り回したコトが無いというwww
というかオーナーですらないwww
しかもオートバイでスポーツ車種とか
全体のマーケットに占める割合の4~6%なんで
マイノリティでヲタクで御荷物でしかないのに
とても偉そうだwww
もうちょっとオートバイメーカーの売上に貢献してから発言しよう。

4輪ですら電動なんてダメダメとか云うけれど
ガソリンe/gと全く遜色無い
ステラ・ロードスターは発売中ですよ?
償却・運用コストを考えると安いよねぇ。


ダレダレが云ってたとか
雑誌に書いてあったとか
ネットで(ry
とかの白雉思考を捨てて
是非とも自分の目で見ておいで。



次回、
百聞は一見にしかず、うは、子供の時に見た未来がwww
蓮舫は死刑でwww
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zasch06.blog101.fc2.com/tb.php/33-f7fd2474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。