プロフィール

武田左京大夫

Author:武田左京大夫
本業とは異なる
趣味のアレコレ。
基本的に個人さまの依頼・
無資格/無認可の
業者さまの依頼は
御受けしておりませんので
一見でマネるのも
自己責任で御願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

だが断る
趣味だったり練習だったり仕事だったりw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京の迷い方(1)
前回書いたけれど当地の交通状況というか
驚愕のローカル・ルールには
馴染めないけれど「水」なんかの必需品の買い物とかで
外出はしないといけないwww

どうもクルマによっては関税率が200%だったりするらしく
ニッポン人的に考えても200万円のクルマちゅうのが
合計600万円+の高額品で
普通庶民の年収が60万円ほどだと手に入れてもボロイ中古が精一杯。
んで、
どうやら歩行者ちゅうのは「底辺」という意識があるらしく
横断歩道を青信号で渡っていても
クルマは遠慮無く突っ込んで行って
クラクションの号砲一発でドカすのが普通w
撥ねたトコロで安いもんだとwww
保険とかどうなってるんだろうね…

クルマ間でも
ベンツ/BMW/アウディ/レクサスなんかを頂点にした
ヒエラルキーが確実に存在する。

凄い数で生息するVWサンタナとかシトローエンZXなんぞも
動くシケイン扱いで
割り込みを邪魔しようものならヤッパリ20cm以下の接触寸前幅寄せで
クラクション鳴らしながら押し出すwww

そんな小競り合いが普通にあるんで
クラクションに反応するのは外国人くらいのモノで
毎日一度は事故を観る。
けれど意外なコトに接触傷のアル車両ってばそれほど無い不思議?
全体のパイが大きいんで割合として少ないのかもしれない???
どの位凄ぇマスでクルマが増えてるかというと
結構見かける日産のティーダが中国で売れたおかげで
世界一売れた数にのし上がった位。
中国でのクルマ保有率が先進国並みになったら
化石燃料が3カ月で無くなる勢いwww
多分その前に窒素酸化物でアジアは無生物世界になるのは必至。

しかして一般ドライバーの車両感覚ってば
相当なレヴェルで訓練されてる恐ろしさ…

ところでソンナ状況でも気になるクルマはあるもんで
72アルトワークスマニア垂涎の新車売ってた(コレはボロ)www
中華ワークス01

でもFF5Drしか無いお
でもダイハツステッカーでwww
中華ワークス02



オイラが探し回るKM(87C)レックスwww
中華レックス01

なんとシングルカムだけど660ccの4気筒www
中華レックス02

~2004のはずだけど新車あるらしい…
どこで売ってるのか未だ不明…


こんなステッカーとかもあるけれど
ハイオクステッカ

カー用品店とか見かけないんだよね?

さうさう、件の送迎車両は迄利の2Lセダンだったお。

ところで
北京市内ではバイクが絶滅状態なんだが?
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zasch06.blog101.fc2.com/tb.php/17-921fd6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。