プロフィール

武田左京大夫

Author:武田左京大夫
本業とは異なる
趣味のアレコレ。
基本的に個人さまの依頼・
無資格/無認可の
業者さまの依頼は
御受けしておりませんので
一見でマネるのも
自己責任で御願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

だが断る
趣味だったり練習だったり仕事だったりw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手始めに
まぁまずホイールから。

新車時からすでに15年以上経ってることもあって
イタリアンジョブな塗装でなくても
イロイロとダメージがある。

さうさう、コイツのホイールは
イメージ的にシルバーだと思ってるヒトが
実車オーナーにも居るけれど
フラットなブルーグレーなんだな実はwww

かなりドップリと塗装してあるけれど
ちょっとした小傷から腐食が始まるもんで
一見程度が良さそうに見えても
よくよく診れば
水疱瘡のようにプカプカしてる箇所が多い。

なんか穴意匠から伝染して…
CXホイール剥離001

内側なんかwww
CXホイール剥離002

コノ手の焼き付け塗装に
いきなりサンドブラストかけても時間と消耗品の無駄なんで
リムーバー(剥離剤)で剥き剥き。
このリムーバーもホームセンターとかで普通に売ってる
イロイロ優しい奴じゃなくて業務用の最強品w
CXホイール剥離006

けれどもコイツが両刃の剣で
浮き上がった塗膜を掬い取る時に
普通の厚手ゴム手袋だと溶ける上に皮膚に附こうものならwww

まぁ注意すれば良し。

んで、
剥けてびっくり。

バリだらけwww
CXホイール剥離009

国産でも結構バリバリしいメーカーがあるけれど
創立当時のドラゴンモデルもココまで酷くはなかった…。

腐食原因の一つがコレで
バリのところの塗膜が切れてたり薄かったりで
アルマグの地肌露出が大問題なんで

全部のバリ処理をするんだね…。

一廻りバリ取りが終った時点で
やっとこサンドブラスト作業だに。

スポンサーサイト

テーマ:2スト バイク - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。